がんばる、地元応援団。

    尼崎市で大谷かんすけ県議の応援。私の秘書を務め、現在自民党兵庫県連の筆頭副幹事長。青年局長も経験。いずれも若手のリーダーの証。しかし今回の選挙は大変な激戦。厳しい戦いを勝ち抜けるよう、皆さんに伏してのお願いしました。 (4/7県議選で当選)
    (2019年3月30日)
    明石市二見で、 松本たかひろ県議の応援演説。昨日朝の出陣式は、官邸での元号選定手続き会議のため出席が叶わなかったのですが、新しい時代のまちづくり、県政のリーダーとして活躍してくれることを期待しています。(4/7県議選で当選)
    (2019年3月29日)

      無投票当選を決めた、 原テツアキ県議(写真左)、浜田ともあき県議(写真右)を祝福。誰も寄せ付けないほどに、人柄、政治姿勢や県議現職としての実績が高く評価されての当選。
      防災、農水産業対策、医療福祉政策など、地域の活力をいかに維持していくか、国と県で十分に連携・協力して取り組んでいきます。
      (2019年3月29日)
      肌寒い中、洲本マラソン大会で、10分の1マラソン(4.2km)走りました。20分6秒。淡路島ならではの中山間の農村地帯のコースです。スタート直後からの上り坂でいきなりアゴが上がります。それでも、視覚障害者の方(伴走者と)や高齢の方もたくさん参加され、皆さん日頃の練習の成果を発揮されていました。なお、これまでに私自身は神戸マラソンを4回完走し、自己ベスト4時間5分47秒です。
      (2019年3月17日)

        恒例の明石西村会の春のセミナー。多くの皆さんにご参加頂き、大変好評でした。内政に外交に、安倍総理をしっかりと補佐して、日本の将来を切り拓いていきます。
        (2019年3月2日)
        恒例の淡路西村会の春のセミナー。多くの皆さんにご参加頂き、大変好評でした。内政に外交に、安倍総理をしっかりと補佐して、日本の将来を切り拓いていきます。
        (2019年2月16日)

          尼崎市選出の大谷かんすけ県議を激励。私の秘書として約5年務めてくれた後に県議となり現在3期目。自民党兵庫県連青年局長を経験し、将来、県連を担う若手の1人との証です。現在は自民党県議団の筆頭副幹事長を務めています。私も副長官の直前は二階幹事長の下で筆頭副幹事長を務めました。県連でも筆頭副幹事長は重要な役割、貴重な経験となることと思います。
          (2019年2月11日)
          地元明石・淡路の漁業者の皆さんの新年会。資源管理を行いながら、漁業の持続的発展を目指す。補正予算・来年度予算合わせて3045億円を確保し、漁船、設備の更新などを促進。燃油高騰対策の使い勝手も改善。漁業者の皆さんからは、水温の変化など様々な課題をお聞きしました。
          (2019年1月27日)

            恒例の書き初め。頼まれていた色紙、今年の干支の「亥」の字など、約2時間、一心不乱に書きました。
            (2019年1月6日)
            地元の各地区、各団体の新年会で挨拶、鏡開き。穏やかな一年であることをお祈りするとともに、官房副長官として、また地元の代表として、地域の安心安全、活力の維持のために、しっかりと責任を果たしていくことをお誓いしました。(2019年1月6日)