ニッシーブログ

月別一覧を選択
2020.03.27

新型コロナ特措法に基づく新型コロナウイルス感染症政府対策本部設置

1. 新型コロナウイルス感染症については、先行きが見通せない中、国民の皆様は様々なご不安を感じておられることと思います。感染症は引き続き世界各地で猛威を振るっており、全世界での感染者数は27日に50万人を超えました。我が国の感染者数は、27日12時現在、1,387人となっています。

2. こうした中、昨日、特別措置法に基づき、安倍総理を本部長とする政府対策本部を設置しました。私と菅官房長官、加藤厚生労働大臣が副本部長を勤めます。
① 国内の感染状況については、3月19日の専門家会議で、「3月10日以降の新規感染者数は連日50人を超える日も続いており、また感染源がわからない患者が増加している」との見解が示され、その後、さらに感染者数の増加がみられています。 また、海外からの輸入症例について、3月19日以降、連日10人を超えています。
② 海外では、WHOが3月11日にパンデミックとみなせる旨を表明し、また、世界的に感染者数と亡くなられた方の数の急激な拡大がみられています。
今回の政府対策本部設置は、こうした状況を総合的に勘案し、専門家の意見を聞いたうえでの判断です。

3. 政府対策本部の設置後は、特措法に基づく総合調整、公私の団体や個人に対する協力要請、検疫を行う際の宿泊施設等の使用、必要な場合に医療を実施することの要請等の対応が可能となります。また、政府対策本部の設置を受け全ての都道府県に直ちに対策本部が設置されます。これまで以上に都道府県と緊密に連携していきます。

4. 一部では、今回の政府対策本部の設置が、緊急事態宣言に向けた一つの手続きであるかのような報道が見られます。やや誤解している方もおられるようです。
 緊急事態宣言は、政府対策本部設置後、
① 国民の生命及び健康に著しく重大な被害を与えるおそれがある新型インフルエンザ等ないし新型コロナウイルス感染症が国内で発生し、
② 全国的かつ急速なまん延により国民生活および国民経済に甚大な影響を及ぼし、又はそのおそれがある事態が発生したと認めるときに、
行われることとされており、現在そういう状況にあるとは考えていません。

5. 国民の生命・健康・生活を守るため、しっかりと専門家のご意見を伺いつつ、都道府県と緊密に連携し、政府・与党一体となって取り組んでいきます。感染症拡大防止できるかどうかの正念場です。国民の皆様には引き続き、様々なご不便をおかけすることになりますが、ご協力をよろしくお願いいたします。

【テレビ出演のお知らせ】
3月29日(日) 7:30~ 8:15頃生出演『日曜報道THE PRIME(フジテレビ)』
 テーマ:「新型コロナウイルスの経済・生活への影響、今後の対応(P)」

3月29日(日) 9:00~ 9:30頃生出演『日曜討論(NHK)』
 テーマ:「新型コロナ現状と終息への道筋、経済への影響と対策(P)」

3月29日(日)21:00~21:54放送『サンデーニュースBizスクエア(BS-TBS)』
 テーマ:「新型コロナウイルスへの対応、経済対策(P)」

特別措置法に基づき、安倍総理を本部長とする政府対策本部を3月26日に設置しました。私と菅官房長官、加藤厚生労働大臣が副本部長を勤めます。
(2020年3月26日)
小池百合子都知事より水際対策の徹底・強化、緊急経済対策などについてのご要望を受けました。小池知事とは危機感を共有しています。都道府県との連携を一層強化し感染拡大の防止に全力をあげます。
(2020年3月26日)
月別一覧を選択