国際活動写真集

    ガーナのアクファ=アド大統領との首脳会談。同国には、2008年の外務政務官当時、中・西部アフリカ貿易・投資促進合同ミッションの団長として訪問。今年11月には、ガーナの日本大使館前の通りを「野口英世博士ストリート」と命名している。
    (2018年12月11日)
    カナダ在住の被爆者で、昨年12月に「核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)」のノーベル平和賞受賞式に出席したサーロー節子氏の表敬を受けました。サーロー氏の長年にわたる活動への敬意を申し上げつつ、政府としても核廃絶とのゴールを共有していること,また最近の政府の核軍縮の取組を説明。
    (2018年12月7日)

      アラブ首長国連邦の独立記念日祝賀レセプションに出席。今年は、4月に総理がUAEを訪問し、8月にはスルターン・アル・ジャーベルUAE国務大臣が訪日し、両国関係の強化が進みました。
      (2018年12月7日)
      中東の穏健国 ヨルダンのアブドラ国王が来日。これまで、格別に親しくしてきているので、政府を代表して羽田空港でお迎えすることにしました。その後滞在先にも同行し、中東情勢などについて意見交換しました。
      (2018年11月25日)

        中東の穏健国 ヨルダンのアブドラ国王が来日。これまで、格別に親しくしてきているので、政府を代表して羽田空港でお迎えすることにしました。その後滞在先にも同行し、中東情勢などについて意見交換しました。
        (2018年11月25日)
        ブルキナファソのカボレ大統領と首脳会談と、公邸での夕食会に出席。同国は日本の胡麻輸入先第1位(昨年で日本の輸入全体の27.3%)であるため、同国産胡麻による胡麻油を使った料理でおもてなしをしました。胡麻料理で夕食会が大変盛り上がりました。
        (2018年11月19日)

          レヘトマキ・フィンランド内閣府長官と会談。2019年は外交関係樹立100周年にあたる。内閣府副大臣当時の2014年7月にはフィンランドを訪問し、ネウボラという子育て支援の取組み、原子力廃棄物の最終処分場のあるオンカロなど視察し、当時ノキアから独立したITベンチャーも訪問しました。
          (2018年11月12日)
          マハティール首相との首脳会談。同首相は100回以上訪日した日本の長年の友人であり、今回の桐花大綬章受章を祝福。東方政策の下、36年間で延べ1万6千人超の留学生等が訪日。同首相は、幼稚園から大学まで日本の教育制度学びたいとも、述べていました。
          (2018年11月6日)

            ガナー・オーストラリア北部準州首席大臣と会談。イクシスプロジェクトの最初のLNGの日本向け出荷がなされたことを共に喜びつつ、エネルギーや農業、水産業等幅広い分野で関係発展に向けた協力で一致しました。
            (2018年11月2日)
            富士山の麓での日印首脳会談の終了後、東京に戻るモディ首相をJR中央線の大月駅でお迎え。安倍総理が到着するまでの間、モディ首相の地元グジャラート州と私の地元兵庫県の関係や、インドのIT企業に投資している 若手投資家の話など懇談。 日印外交はライフワーク。現在、日印議連副会長を務め、これまで インドを20回以上訪問。
            (2018年10月28日)