国会活動写真集

    未来投資会議開催。新型コロナにより広がったテレワークを通じ、関心が高まっている兼業・副業について、労働者が兼業先での労働時間を自己申告する制度を設けるなど、労働政策審議会において、働く人の目線に立って、議論を進め、早期に結論を得ることとなりました。‬
    (2020年6月16日)
    地域経済活性化支援機構(REVIC)の業務期限を5年間延長する法律が成立。中堅・中小企業支援を来年4月以降も継続するため、事業再生支援、ファンドを通じて、出資・融資、専門家派遣など豊富な手段で企業ニーズに対応した支援に全力で地域経済を支えるよう取り組みます。
    (2020年6月13日)

      6月11日に衆議院本会議で令和2年度第2次補正予算が可決。安倍総理、麻生副総理と並んで登壇。今回の補正予算は、雇用調整助成金上限(日額)の1万5千円への引上げや総額94兆円規模の資金繰り支援など雇用、事業、生活を守るための予算。また翌日から参議院の審議でも丁寧でわかりやすい答弁に努めました。
      (2020年6月11日 )
      今回のコロナ対応で、国のデジタル化、オンライン化の推進・加速の必要性を痛感。政府調達では、未だに代表印の押印を求める等の慣行が残る。塊より始めよで、今月から内閣府・内閣官房の手続きでは、押印を省略し、電子契約を推進することとしました。電子化をすすめ、スマートライフ を進めます
      (2020年6月5日)

        世界経済フォーラム分科会のTV会議で講演。日本のコロナ対策の特徴として、命を守る事に重点置いた徹底的な科学的アプローチを紹介。また、自由貿易体制の維持・拡大に際し、日本に根付いた文化である「三方よし」の考え方が有益であることも紹介しました。
        (2020年6月5日)
        自民党【CafeSta】みどりの部屋に久しぶりに出演。コロナから「命を守る」取組について解説。日本特有のクラスター対策や医療の現場でご尽力頂く医療関係者の方への支援等をご紹介しました。
        (2020年6月4日)

          ANAのボランティアの方々が医療現場を支えるため行なっている医療用ガウンの縫製作業を視察。心より感謝。医療物資含めサプライチェーンの再構築が必要。今後、自由貿易体制をしなやかで強靭なものとすべく豪州、NZ、ベトナム等コロナが収束に向かっているTPP国と議論します。
          (2020年6月1日)
          令和2年度第2次補正予算案(国費33兆円、事業規模117兆円)を閣議決定ましたので、記者会見で内容を丁寧に説明しました。
          (2020年5月27日)

            4月16日に全国に拡大された緊急事態宣言が全ての都道府県で解除されたことについて、尾身茂基本的対処方針等諮問委員会会長とともに丁寧に説明しました。
            (2020年5月25日)
            北海道、埼玉県、千葉県、東京都及び神奈川県の緊急事態宣言の解除する旨、国会に報告。衆・参議院運営委員会の質疑では丁寧に答弁しました。
            (2020年5月25日)